第4回 事件はなぜ起こったのか
多くの国民がアウンサンスーチーへ熱烈な支持を向けるにつれ、軍事政権はスーチーらに“脅威”を感じ始めていた。

ディペーイン事件について語るディペーイン特別委員会のアウントゥー氏

アウンサンスーチー拘束
銃撃を逃れたアウンサンスーチーの車は、全速力でディペーイン方向に向かった。しかし、ディペーインの町の入口にある検問所で、警察官に止められた。

警察官は銃を向けて威嚇し、スーチーの乗った車はそこで足止めされた。その間、スーチーは負傷した党員を気遣い介抱していた。彼女自身、腕と首のところを、ドアのガラス破片で怪我していた。数時間後兵士が来て、スーチーらを拘束した。

ナインナインらは事件後、シュエボー刑務所に収監され、そこでスーチーの車を運転していたチョーソーリンに、そう聞かされた。

事件の裏には軍事政権の影がある
事件直後から、タイでディペーイン事件の真相究明特別委員会を組織し活動しているビルマ弁護士評議会書記のアウントゥー氏(52歳)は、「この事件は、軍政のいうNLD支持派と反NLD派の間で偶発的に起きた衝突事件ではなく、軍政によって計画的かつ組織的に行われた事件です」と言い切る。その理由として、次の点を挙げた。

(1)事件発生から16時間後に軍政が記者会見を開き、衝突事件と断定したこと
(2)夜遅く、附近に村のない場所で起きたこと
(3)5000人ほどの襲撃者がいたこと
(4)USDA(連邦団結発展協会=軍政の翼賛組織)に対し、事前に指揮系統の訓練が行なわれていたこと
(5)トランシーバーを使用していたこと
(6)襲撃者が腕に目印の布を巻いていたこと
(7)翌朝までに現場から証拠を撤去していること
(8)被害者のみ一方的に拘束や尋問を行なっていること
(9)一時拘束していたNLDメンバーを釈放するとき、この事件について何も語らない旨を約束させる署名をさせたこと
(10)附近の村民を強制的に移転させる計画があること
次のページへ ...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう