国境線のサルウィン河が、民族を、家族を分かつ。宇田はその現実を目の当たりにした。

 1995年1月、マナプロウが陥落。KNU関係者はその直後、タイ側に逃れ、山深い森の中に数千人規模の難民キャンプを設けた。5月中旬、タイ国境警備隊の監視を避け、その難民キャンプに潜入してみた。マナプロウからの知り合い、Dさん宅に隠れるように住み込んだ。そのときだった、Dさんのところに、タイ側に住むタイカレン人のおばあさんが訪ねてきた。

(写真右:山の頂部分に掘られたカレン軍陣営の塹壕。左側にビルマ軍が駐屯する。)
「タイ側に住んでいる親戚なんです」
そう紹介された。サルウィン河をはさんで、2つの国が分断されている。人為的に引かれた国境線が、1つの民族、1つの家族関係を分けている。その現実を目の当たりにすることになった。

また、キャンプ内で、スゴーカレン人とポーカレン人の会話に耳を傾けていたとき、彼らはビルマ語を使って話をしているのに気づいた。
「あれ、なんで」
後で説明を聞く。カレン人の中でも、人口の多いスゴーカレン人はポーカレンの言葉を十分に理解できないらしい。言葉は違うのだ。でも、彼らは同じ「カレン民族」として文化や歴史を共有している。
「言葉が違えば、民族が違う」
そういう民族の分類方法もここでは通用しない。いったい誰がこんな民族の区別をするようになったのか。

続きを見る...

<忘れられた内戦 ~56年目のビルマ/カレン民族の武装抵抗~>記事一覧