敵対関係の当事者らが同じ食堂で食事する風景と、公安関係者からの執拗な詰問が同居する国、ビルマ。軍事政権国家の姿は、観光客には見えにくい。

u050502_01(写真:首都ラングーンでの建設現場。よく観察してみると、やはり汗水流す子どもたちの姿を見かけることができる。)
タイ側に戻り、サルウィン河岸に建つタイ軍の警備小屋に行ってみた。国境警備の兵士が一人、のんびりとハンモックに寝っ転がっている。
「おう、ニップン(日本人)か。パスポートを見せろ」
彼はぶっきらぼうに、しかし親しみを込めて言ってきた。私は素直にパスポートを差し出す。

「何しにきたんだ。ここは危ないぞ、向こうのビルマ兵はいつ攻めてくるかもしれないからなあ」
彼は笑いながら対岸に顔を向け、銃を構える格好をする。その彼と英語で半時間ほど、世間話をする。日本の話になるといつも、車や電化製品の性能の良さ、そのことが真っ先に話題にのぼる。話しに広がりがない。彼の話に半分耳を傾け、穏やかな国境風景を眺めていたら、退屈してきた。そのときだった。対岸からボートが1艘がやってきた。

「ほら来た、ビルマ兵だ」
Tシャツにジーパン姿の若い男たちが10人ほど、ボートから下りてくる。
「ビルマ兵がタイ側に渡って来てもいいのか。あんたら、何もしないのか」
「いいんだ、私服を着て来て、買い物をして帰るだけなら別にいいんだ」
何か釈然としなかった。

というより、そう感じざるを得ない第3者的な自分の思考の狭さにイライラし始めていた。
ビルマ側から無事戻り、徐々に緊張感が薄れていくと急激に空腹を感じ始めた。腹ごしらえをしようと、近くの食堂に入ってみる。すると、先ほどビルマ側から渡ってきた私服のビルマ兵が何人かいる。この食堂は、KNUの息のかかったカレン人も出入りしているはず。タイ・ビルマ国境の小さな食堂の中に、紛争の当事者であるビルマ人、タイ人、カレン人が、微妙な緊張のもとご飯を食べている。しかし、何ら問題は起きないようだ。
いったい全体彼らの紛争の原因は何なのか、理解を超える現実を前にして、私もまた、カオパッド(タイチャーハン)を口にするしかない。
次のページへ ...