安全員につかまる
(文) チャン・キルス

何の罪を犯したといって… 「おい、お前中国に行って南朝鮮の安企部と内通しただろう」 「いいえ、一度も中国へなんて行ったことありません」 豆満江を渡って来て北朝鮮の安全員に見つかり、手錠をかけられ殴りつけられる。 ―キルス

何の罪を犯したといって…
「おい、お前中国に行って南朝鮮の安企部と内通しただろう」
「いいえ、一度も中国へなんて行ったことありません」
豆満江を渡って来て北朝鮮の安全員に見つかり、手錠をかけられ殴りつけられる。 ―キルス

 

「なぜ、そんなに服がぬれているんだ?」
「魚をとろうと遊んでいてこうなってしまいました」
その時だった。指導員の拳骨がいきなり飛んできた。ぼくたちが嘘をつくからだと言った。僕らは国境警備部隊に連れて行かれた。

部隊に入ったとたん、小隊政治指導員はぼくたちから、あれこれ聞き出そうとした。
「この村になぜ来たのか?」
「食糧をもらいにきました」

「中国に何日いたんだ?」
「中国には行っていません」

「中国にいる親戚はだれで、どこに住んでいるのか? 中国には何回行ったのか?」
「親戚はいません。一度も中国に行ったことはありません」

ぼくが、中国に行ったことはないと何度も言うと、指導員は、ぼくたちを食ってしまおうというようににらみつけ、狼のような顔になった。越境者一人でもつかまえて、上層部に引き渡すとほめられ、昇級できるからだろう。それでぼくから何とか吐かせようとしているようだった。

「党のふところはかぎりなく広く温かいから、真実を話してこそ許されるのだ」
ぼくは指導員の言葉には耳を貸さず、嘘ばかり話した。
その次にミング兄さんを尋問した。

ところが警備隊員の一人がぼくを見てひとこと言った。
「前につかまえたガキがまたつかまって来たか! 今回も川越えをしてつかまったのか?」
彼の言葉に、自分は食糧をもらいに来たと言った。

「それでは、お金はどこにあるんだ?」
「なくしました」

「どこでなくしたんだ?」
「............」
(つづく)
<<<連載・第28回   記事一覧   連載・第30回>>>

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画… 

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう