生きる方法は脱出のみ [その4]
(文) リ・ドンハク [キルスの伯父・ファヨンの父]

トウモロコシをくすねる農民 集団農場では、収穫したトウモロコシを脱穀場に運ぶ途中、農民がくすねてしまうことが当たり前になっていました。 ―デハン(キルスの叔父)

トウモロコシをくすねる農民
集団農場では、収穫したトウモロコシを脱穀場に運ぶ途中、農民がくすねてしまうことが当たり前になっていました。 ―デハン(キルスの叔父)

 

私の子どもたちは野草を摘んでくるだけでなく、季節によっては果物、野菜、穀物粒など、とにかく目についたものは何でも拾ってきた。またはじめのうちは落穂拾いだけだったが、拾うものがなくなったのか、農場で管理する農作物を盗んできたりもした。
私は子どもたちに、「拾ってくる物が少なくても、盗みだけはダメだ。泥棒で生きていくなんてできるか」

そう言うと、子どもたちは二度と盗みはしないと答えた。
ある日の夕方、仕事から家に帰ってくると子どもたちが騒いでいた。果樹園に忍び込んでりんごを盗って出てきたところ、果樹園の一番高い所で見下ろしていた警備員につかまってしまったと言う。その警備兵は「どこの学校に通っているんだ。家はどこだ。親は何をしているのか」としつこく問いただしたと言うのである。そして叱りもせずに、りんごを袋に入れて自分の知人の家に持っていくようにと言ったという。

私は子どもたちの話を聞いて、農作物を盗んではいけないと諭した。それはとても悪いことだと叱りつけた。父の話し方が威圧的だったせいか、子どもたちはじっと聞いていた。しかし、突然長男が口を開いて言った。

「父さん。農場の幹部も、農場員たちも、みな盗みをやってるんですよ。あの人たちも夜になると、牛に引かせて自分の家に持って帰るんです。それで、仲のよい人たちとで分けて食べてるんです。果物でもトウモロコシでも野菜でも、自分たちの手にあるものは、上に報告する前にちょろまかして、自分の欲を満たしてるんです。
次のページへ ...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう