密告で再びつかまる
(文) チャン・キルス

豆満江と中国国境警備隊 わたしたち一家は豆満江を越えて中国に渡りました。見ただけで震えが来る中国国境警備隊の兵営を避けるため、ぐるりと遠回りしました。 ―ファヨン(キルスの従姉妹)

豆満江と中国国境警備隊
わたしたち一家は豆満江を越えて中国に渡りました。見ただけで震えが来る中国国境警備隊の兵営を避けるため、ぐるりと遠回りしました。
―ファヨン(キルスの従姉妹)

 

数時間過ぎた頃、私服を着た人が部屋を訪ねて来た。そして否応なしにぼくは安全部に連れて行かれてしまった。ぼくはこれで終わりだと思った。
伯父さんのことをよく知っているという人物に騙されたのである。

よく考えてみると、ぼくがアパート4階の部屋で話していたとき、ぼくの話を聞いていたのが、まさに安全員だったのだ。その家の主人が部屋に座っていた人に敬語で話し、腰を低くしている姿を見て、おかしいと思ったときに、早く気づいていなければいけなかったのだ。
彼らはぼくに手錠をかけて、薪で容赦なく殴りはじめた。

「中国で南朝鮮の人間と会わなかったか? 教会に行かなかったか?」
と問い詰め、手を踏みつけながら、蹴とばされた。すぐに頭から血が流れはじめた。気が遠くなり、何も考えられなくなった。
ぼくが捕まったことを知った隣りのおばあさんが、仕方なくぼくが中国から持ってきたお金を安全員に渡した。お金をすべて奪われ、救護所に再び入れられたぼくは、部屋の隅に座って泣きじゃくるしかなかった。お金を手に入れた彼らは、手錠を外し、水を一口飲ませてぼくを落ち着かせようとした。

次の日の朝、安全員はぼくにお使いをさせた。のどが渇いたから二階から水をもってこいと言うのだ。2階に上がったぼくは、水を運ぶ途中に、審問を受けている人に飲ませ、自分でも飲み、空のやかんを持って降りていった。
ぼくは安全員に水はなかったと嘘をついた。

のどが渇いた安全員は、村から水を汲んでこいといった。そして警備哨所も通過させた。
ぼくはこれこそ絶好のチャンスだと思い、やかんを持ったまま逃げ出した。
(つづく)
<<<連載・第39回   記事一覧   連載・第41回>>>

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画… 

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう