主人公のチャン・キルス(17)は、「難民少年画家」として韓国、英国で何度も紹介されていた。一家の中で真っ先に中国に脱出して居場所を確保し、残りの家族を次々に中国に呼び寄せた。(撮影 石丸次郎)

主人公のチャン・キルス(17)は、「難民少年画家」として韓国、英国で何度も紹介されていた。一家の中で真っ先に中国に脱出して居場所を確保し、残りの家族を次々に中国に呼び寄せた。(撮影 石丸次郎)

 

「予定通り、お店に突入します... 」
2001年、6月26日中国時間午前10時、北京の外国大使館が集中する朝陽区亮馬河地区のカフェ――。タクシーに分乗して集まった11人――7人の北朝鮮難民一家と3人の支援NGOのメンバー、そしてジャーナリストの私――は、最後の行動確認を行った。

「予定通り3班に分かれて突入します。ビルに入ったらエレベーターホールで待ち合わせです。事務所に入れなかった組は速やかに現場を離れて○○ホテルで待機すること......」
韓国の支援団体のリーダー、文国韓氏が、昨晩から何度も確認したことをあらためて伝える。15歳から67歳までの北朝鮮難民一家7人は誰も口を開かず険しい表情のままだ。

支援団体のメンバーの一人が、日本と韓国でバックアップ体勢に入っているNGOグループに携帯電話で連絡を入れた。
「......こちらは北京ですが。予定通り今からお店に入ります。各方面予定通りでお願いします」
この電話が合図となって、各班が1~2分ほど間隔をあけて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の入るビルの門に向かう。

私は、一家のうちの最年長の67歳のおじいさんと17歳の娘の班にくっついてビルの後門に向かった――。
それから数時間後。難民一家7人のUNHCR侵入劇はビッグニュースとなって世界を駆け巡った。中国、北朝鮮両政府を慌てさせ、韓国政府内に対策特別チームができ、さらにパウエル米国務長官をして「米国政府は7人の扱いに関心を持っている」とコメントさせた「北朝鮮難民北京UNHCR籠城事件」は、こうして幕が上がったのだった。
次のページへ ...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう