1 寺洞(サドン)区域[3]
2008年12月取材
取材:リ・ソンヒ/解説:石丸次郎/整理:リ・ジンス
■寺洞市場付近[III]

大通りから一本入った奥の路地でも露店に人が集まっている(写真奥)。人が通る場所には必ずと言っていいほど店が出ている。「平壌でも満足に食糧配給が出なくなった今、市民の7割以上がこのような商売をすることでなんとか生活している」とは、リ・ソンヒの弁だ。

大通りから一本入った奥の路地でも露店に人が集まっている(写真奥)。人が通る場所には必ずと言っていいほど店が出ている。「平壌でも満足に食糧配給が出なくなった今、市民の7割以上がこのような商売をすることでなんとか生活している」とは、リ・ソンヒの弁だ。

商人たちに交じって兵士たちもたむろしている。買い物に来たのだろう。

商人たちに交じって兵士たちもたむろしている。買い物に来たのだろう。

寺洞市場前の大きな十字路に出る。退勤時間ということもあって人通りは多いが車はぽつぽつ通るだけ。

寺洞市場前の大きな十字路に出る。退勤時間ということもあって人通りは多いが車はぽつぽつ通るだけ。

十字路を渡った所には自転車の修理工たちがずらりと並んでいる。立っている男たちは何かの商売の客引きだと、リ・ソンヒは言う。

十字路を渡った所には自転車の修理工たちがずらりと並んでいる。立っている男たちは何かの商売の客引きだと、リ・ソンヒは言う。

次のページへ ...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう