アパート街でずらりと座り込んで商売する女性たち。地区の役人がしばしば取締りをする。2011年6月平壌市の中心に位置する牡丹峰区域にてク・グァンホ撮影(アジアプレス)

 

◆内部記者が秘密撮影 

経済難が続く北朝鮮では、特別待遇の平壌市民にも満足な食糧や給料が出ていない。平壌の庶民たちの多くは、日々小さな商いをして生計を立てている。
北朝鮮内部情報を伝える雑誌「リムジンガン」の記者で、平壌に住むク・グァンホ氏は、今年6月から7月にかけて平壌市内のアパート街で商売に勤しむ人たちの姿を撮影した。
(石丸次郎)

女性たちが売っているのは野菜や果物、餅、菓子などの食べ物がほとんどだ。左の買い手の女性は携帯電話を手にしている。2011年6月平壌市の中心に位置する牡丹峰区域にてク・グァンホ撮影(アジアプレス)