立岩陽一郎(ジャーナリスト)

-----------------------------------------------------------------------------------

【連載開始にあたって編集部】
新聞、テレビなどマスメディアの凋落と衰退が伝えられる米国。経営不振で多くの新聞が廃刊となりジャーナリストが解雇の憂き目にさらされるなど、米メディアはドラスティックな構造変化の只中にある。 いったい、これから米国ジャーナリズムはどこに向かうのか。米国に一年滞在して取材した 立岩陽一郎氏の報告を連載する

-----------------------------------------------------------------------------------

第2章 非営利ジャーナリズムの夜明け
◆The Buying of the President

「The Buying of the President」。
直訳すると、「大統領の購入」。邦題としては、「買われる大統領」となるのだろうか。1996年に出されたこの書物は、ルイスの代表作と言っても良い。大統領選挙に流れる資金を分析し、どのように大統領が作られるかを明らかにした。

本は、大きな反響を呼び、2000年版、2004年版と大統領選挙毎に内容を刷新して出版されている。
「Before you vote, find out who's really bankrolling the candidates-and what they expect in return」
(投票する前に、誰が候補者を財政的に支援し、何を見返りとして期待していたかを知ろう)
「This is the book you must read before entering a voting booth」
(これは投票する前に読まねばならない本だ)

2000年版、2004年版の表裏にそう書かれたこのシリーズは、ルイスの目指す調査報道をつまびらかにしてくれる。それは徹底した公開情報の入手とその分析だ。
シリーズの最後となった2004年版からその内容を見てみたい。大きな一覧が目につく。共和党、民主党が得ている寄付の状況だ。それぞれトップ50という形で掲載されている。

共和党への献金額が最も多いのはたばこ会社のフィリップ・モリス。日本でも知られている企業では、巨大通信企業のAT&Tが5位、マイクロ・ソフト社も8位に入っている。17位には、全米ライフル協会が入っている。

続きを見る...

<<<連載・第13回   記事一覧    連載・第15回>>>
連載第1回と最新回は、会員でなくてもお読みいただけます。