立岩陽一郎(ジャーナリスト)

-----------------------------------------------------------------------------------

【連載開始にあたって編集部】
新聞、テレビなどマスメディアの凋落と衰退が伝えられる米国。経営不振で多くの新聞が廃刊となりジャーナリストが解雇の憂き目にさらされるなど、米メディアはドラスティックな構造変化の只中にある。 いったい、これから米国ジャーナリズムはどこに向かうのか。米国に一年滞在して取材した 立岩陽一郎氏の報告を連載する

-----------------------------------------------------------------------------------

第2章 非営利ジャーナリズムの夜明け
◆Nonprofit Journalism

CPIを別の人間に委ねた後、ルイスはハーバード大学ケネディーセンターでフェローとして過ごしている。そのマサチューセッツ州の由緒正しい大学の研究機関で、自身が立ち上げたCPIについて、そのビジネスモデルの研究を論文にまとめている。2007年4月に出たその論文のタイトルは「The Growing Importance of Nonprofit Journalism」。
「Nonprofit journalism」。Nonprofit・・・非営利、日本でいうところのNPOによる報道機関の研究だ。
この論文については後に触れたいが、実はここで、この連載は初めて本題に入ることになる。私がルイスについて興味を持ったのは、彼がアメリカで新しい形の調査報道を実践しているということだけではなく、彼が新たな報道機関(メディアと言っても良い)の形態を提示した人物だったからだ。

それが、nonprofitつまり非営利によるジャーナリズム団体の設立だった。ルイスが全米のジャーナリズム界で名を知られる理由はまさにそこにある。

CPI、そして現在のIRW。ルイスが始めた非営利ジャーナリズムとはどういうものなのか?

まず非営利ジャーナリズムの定義に触れておく。それは非営利団体でなければならず、その設立の為には非営利団体として認定される必要が有る。認定を行うのは、それぞれの団体が本拠を置いている州だ。州の州務長官室(Secretary of State)か法務長官室 (Attorney General)が手続を行う。

続きを見る...

<<<連載・第15回   連載・第17回>>>
連載第1回は、会員でなくてもお読みいただけます。
越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう