動画 (03分40秒)  <会員は動画がご覧になれます>

動画 (03分40秒)  <会員は動画がご覧になれます>

 

20130402_Siniju_MAP220X001新義州(シニジュ)市の駅前は、殺到する住民たちでごった返しており、職員たちが乱暴に入場を統制している。恵山市のバス乗り場でも、バスを利用する住民 が押し寄せ、乗り降りが困難なほどだ。北朝鮮北部を代表する二つの大都市における交通麻痺の実態を、北朝鮮内部に住むアジアプレスの取材協力者がカメラに 収めた。

2012年11月、新義州駅前。列車に乗ろうと構内に入ってきた住民たちを、「秩序維持隊」の腕章を付けた職員が統制している。特に、大きな荷物を持っている人々は立ち入りすら許されず、追い出されている。住民は抗議するも、聞き入れられる様子はない。

このように強圧的な取締りが起きている理由は、列車を利用する人々が余りにも多いためである。恒常化した電力難により、列車は進行と停止を繰り返すほど鈍足ではあるが、代替手段である長距離バスはあまりにも高価なため、庶民は列車を利用するしかない。

一方の交通機関である市内バスも大満員だ。バス停に到着したバスに乗ろうと利用者たちは先を争うが、すでに車内には足の踏み場もない。バスは結局、 多くの人々を残したまま、出発してしまう。このような交通機関の麻痺により、北朝鮮の住民は、生活に大きな不便を強いられている。

会員動画を見る...

 

無料動画

fa-film もっと多くの無料動画は『アジアプレスYouTubeチャンネル』よりご覧になれます。

 

写真ギャラリー

もっと多くの『写真ギャラリー』を見る ≫

 

写真記事

 

応援コンテンツ