動画 (04分35秒)  <会員は動画がご覧になれます>

動画 (04分35秒)  <会員は動画がご覧になれます>

◆市場経済の波にさらされる社会主義経済

両江道恵山(ヘサン)市の「恵山市場」は人々で賑わっている。米、肉、衣類など多種多様な品が並んでおり、あちこちで価格交渉をする声も聞こえてく る。一方、付近にある「恵山百貨店」は対照的な姿を見せている。きれいに整えられた建物内部には、市場では見ることのできない高級製品が並んでいるが、肝 心の客の姿が見当たらない。今やお飾りとなった国営商店と、賑わう市場の様子を、北朝鮮内部にいるアジアプレスの取材協力者が2012年11月に撮影し た。(整理 南正学)

現地の住民は、市場と国営商店の差をどう見ているのか?2009年まで恵山市に住んでいたある脱北者は「百貨店は商品の種類も少なく、値段も高い上 に、価格交渉もできません。それと比べ市場は、品物が豊富で、価格交渉も自由なので、庶民は市場を好んで利用します」と説明する。

百貨店などの「国営商店」に並ぶ品は、今やほとんどを中国産が占めている。経済難により国内の工場の稼動もままならず、国内生産品では売り場を埋め ることができないからだ。外貨稼ぎを行う貿易会社や、中国への親戚訪問者、華僑など、中国と行き来する人々を介し仕入れた品がほとんどだ。

北朝鮮では、住民の間で人気の高いテレビやラジオなどの中国産の電子機器を、「収買商店(海外製品を買い取り、一般の住民に販売する)」や「国営商 店」で売るよう統制している。しかし、こうした場所で売られている品物は、機能制限があったりで何かと不便なため、住民は好まない。例えばラジオは国営放 送だけ聞けるよう周波数が固定されているし、パソコンからはCDをコピーする機能が外されている。

今回撮影された映像には、国営商店の一つである「踏査専門商店」も見える。元々は白頭山にある故金正日総書記の生家(捏造である)や「普天堡(ポ チョンボ)戦闘」の戦跡地などを訪れる観光客用の店だったものが、商売不振により売り場を個人に経営委託し、今では市場経済式に運営されている。

市場経済の波は、米の流通にも影響を与えている。撮影された「糧穀販売所」では住民の姿も、管理する人の姿も見えない。ここは本来、国家が定めた、 米を売り買いできる唯一の場所だったのが、今では市場にその地位を奪われている。米を売る商売人が少しでもお金を稼ごうと、市場で米を売り始めたからであ る。

このように、今回撮影された映像からは、社会主義経済における「国営流通」が麻痺し、市場経済化している北朝鮮経済の現状を読み取ることができる。

会員動画を見る...

 

無料動画

fa-film もっと多くの無料動画は『アジアプレスYouTubeチャンネル』よりご覧になれます。

 

写真ギャラリー

もっと多くの『写真ギャラリー』を見る ≫

 

写真記事

 

応援コンテンツ