タルビヤテ・モダッレス大学のモスク。どこの大学にもモスクはあり、大抵はバスィージ(体制派民兵)の学生事務所を兼ねている(撮影筆者・テヘラン・2007年)

タルビヤテ・モダッレス大学のモスク。どこの大学にもモスクはあり、大抵はバスィージ(体制派民兵)の学生事務所を兼ねている(撮影筆者・テヘラン・2007年)

 

◆イランで子作りを決意するまで

ラジオ局で働きながら、大学院に通う生活が続いていた。それは、学生生活を謳歌しているとは到底呼べない、まるで苦行のような日々だった。

1冊の文献を読むのに、クラスメート(全員イラン人)の数倍の時間を要し、それだけ苦労しても小さな評価しか得られない。実際、1タームに与えられ た課題図書10冊のうち、私は1冊読むのが精一杯だった。1ページ読むのに数え切れないほど辞書のページをめくり、2年前に買った辞書はもうボロボロだっ た。

そんな私が初めて教授に褒められたのは、1年目の後期授業が終わりに近づいた初夏のことだった。7世紀半ばにイスラム軍がサーサーン朝ペルシャ(イ ラン)を滅ぼしてから、ペルシャ全土にイスラム教が行き渡るまで、つまりイラン人がイスラム教を自らの宗教として受け入れるまで、どのくらいの時間がか かったのか。それを紐解く論文を自分で探してきて論評するという課題が与えられた。

文化の浸透や統治の進み具合は、出土した貨幣や手工芸品などから推し量ることが出来る。クラスメートの中には、イスラム帝国の経済・流通システムのイランへの拡大に関する貨幣学の論文を見つけ出してきた者もいた。

続きを見る...

<<31回へ | 記事一覧 | 33回へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。