京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん

無毒化に100万年 これ以上核廃棄物「生産」すべきでない

経済産業省は、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物を地中深くに埋めて廃棄する「地層処分」について、技術的な信頼性を再評価する作業部会 を進めている。はたして地層処分は核のゴミの好ましい処分方法と呼べるものなのか。京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに地層処分について聞いた。
ラジオフォーラム
◇70年経っても未だに無毒化する方法がみつからない

ラジオフォーラム(以下R):まず、この地層処分について小出さんはどのようにお考えですか。
小出:ウランという物質を核分裂させて原子力発電というものをやろうとしているわけですね。ウラン自体が放射性物質 で、もともと危険なものなのですが、ウランを核分裂させてしまいますと、その途端に放射能の強さが1億倍に増えてしまうのです。ですから、超危険物をつ くってしまうわけですね。

その危険物を何とか無毒化できないかと初めから思ってきましたし、今でもその方策を探っているわけですが、無毒化する方法は残念ながらまだ見つかっ ていません。70年近く研究を続けてきているわけですけれども、無毒化はできない。であるなら、どこかに隔離するしかない、ということになりました。

つまり人間や他の生命から隔離しようと、様々な方法が提案されてきました。例えば、宇宙に捨ててこようということがはじめ考えられましたけれども、 ロケットは時々、失敗して落っこちてくるので、これは無理だろうということになりました。それから、深い海の底に埋めてしまえば何とかなるのではないかと か、南極で捨ててしまえばいいのではないかとか、様々な方法が提案されたのです。しかし、もし失敗した場合、地球全体、あるいは南極が汚れてしまうという ことになります。地球、あるいは南極は原子力の恩恵を受けた国だけのものではないという観点から、それもすでに国際条約で禁じられました。
次のページ:無毒化するまでに地震が1万回も発生...