福島第一原発事故直後の2011年5月、京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんが参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」に参考人とし て招かれ、発言した。原子力政策の限界と原子力ムラの欺瞞をよどみなく解き明かしたこの国会証言の内容を、当事者である小出裕章さんと改めて振り返る。(ラジオフォーラム

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

ラジオフォーラムの収録で語る小出裕章さん

◆ウランは貧弱な資源

ラジオフォーラム(以下R):2011年5月ですから、福島第一原子力発電所の事故の発生から2か月後ですね。 小出さんは国会に行かれて、国会議員の前で「もう原発を進めてはいけない」と証言をされました。Youtubeでも流れていますが、大変すばらしい証言で したので、その内容について振り返りたいと思います。

小出:はい。

R:証言の冒頭で、「石油や石炭は枯渇してしまう。それで私は原子力の世界に入ったが、調べてみたら原子力の燃料となるウランはもっと少ないことがわかった」と述べておられますが、ウランというのはそんなに少ないのですか。

小出:圧倒的に少ないです。発生できるエネルギーに換算すると、石油に比べて数分の1、石炭に比べれば数10分の1しかないという、まことに貧弱な資源なのです。

R:それに対して原子力ムラは、少ないけれどもこれをプルトニウムに変換して使うのだ、濃縮して加工して、高速増殖炉で再処理をしながらサイクルで使うのだと言いますが、小出さんは「でも、もんじゅ(高速増殖炉)が動いてないじゃないか」と反論していますね。

小出:そうです。地球上に存在しているウラン自身は大変貧弱な資源なので、原子力を推進しようとしてきた人たち は、そのウランの一部、燃えない、本当は役立たずのウランをプルトニウムに変えて利用する。そうすれば、原子力の資源量は60倍になるので、石炭と同じぐ らいの資源にはなると言ってきたのです。

ただ、それをやるためには、高速増殖炉という原子炉が必要で、日本ではもんじゅという実験用の小さな原子炉をとにかく動かしてみようとしたのです。 そのもんじゅという原子炉は、すでに1兆円ものお金をつぎ込んでみましたけれども、豆電球ひとつつけることができないという状態で今日まできています。

R:小出さんはさらに国会で次のようにおっしゃっていますね。つまり、1億円の詐欺事件を起こしたら、少なくと も1年間は刑務所に入らないといけない。そうすると、これは1兆円の詐欺なので、1万年の罪だと。もんじゅの責任者が仮に100人いるとすれば、1人あた り100年入ってもらわないといかんと。

小出:要するに、それほどお金を費やしたのに、できないということなのです。