会員はログイン後、動画がご覧になれます

2013年10月、 アジアプレス北朝鮮内部の記者が撮影した、ある地方都市の市場の映像を見ると、販売されている商品の大半が中国産であることが 確認できる。 食品は、ラーメンから酒や菓子、米、ビール、ミネラルウォーターまで中国産が並んでいる。 経済の没落と共に、自国生産品が姿を消した北朝鮮では、中国産品が市場を席巻しているのだ。

市場の商人に価格を問うと、商人たちは当たり前のように中国の人民元で答える。 中国元の小銭がないので北朝鮮の金で支払うといっても、商人は人民元で受け取り、人民元で釣り銭を渡すそうとする。撮影者は闇の両替商のもとも訪れるが、 市場の商人たちは北朝鮮ウォンに信用を置いていないことが分かる。

中国のカネとモノが北朝鮮の市場を席巻している現実を見ると、中国経済の影響力がどれほど大きくなったか知ることができる。

撮影 : アジアプレス 「チーム ミンドゥルレ」  整理 : ナム・ジョンハク

会員は、動画がご覧になれます>>

 

無料動画

fa-film もっと多くの無料動画は『アジアプレスYouTubeチャンネル』よりご覧になれます。

 

写真ギャラリー

もっと多くの『写真ギャラリー』を見る ≫

 

写真記事

 

応援コンテンツ