2009年のイラン大統領選挙では、開票結果に疑念を抱く改革派支持の市民たちが抗議運動を開始。治安部隊との大規模な衝突だけでなく、小さな集団が夜な夜な町を静かに練り歩く草の根の抗議運動が展開した。写真は拳を上げながら筆者自宅前を通過する100人ほどの市民(2009/6月・テヘラン)FONT>

2009年のイラン大統領選挙では、開票結果に疑念を抱く改革派支持の市民たちが抗議運動を開始。治安部隊との大規模な衝突だけでなく、小さな集団が夜な夜な町を静かに練り歩く草の根の抗議運動が展開した。写真は拳を上げながら筆者自宅前を通過する100人ほどの市民(2009/6月・テヘラン)FONT>

◆アフマディネジャード圧勝の波紋

投票日から一夜明けた2009年6月13日朝、間票結果の中間発表を見ようと10時のニュースにチャンネルを合わせた。80パーセントが開票済み で、現職のアフマディネジャード候補が64パーセント、対抗馬である改革派のムーサヴィー候補が36パーセント。アフマディネジャードの圧勝がほぼ確定し ていた。

これはどういうことなのだろう。頭の中が混乱してきた。

投票率は85パーセントという驚異的な数字に達したそうだ。これはたぶん嘘ではないだろう。イランの選挙では前例のない候補者どうしのテレビ討論 や、連日連夜続いた支持者たちの街頭での討論や集会。その盛り上がりと自由な空気が高い投票率につながるだろうということは予想されていた。

外国メディアも、そしてイランの国営メディアでさえ、今回の選挙を、変化を求める国民的な大きなうねりとして、好意的に伝えていた。

私も、何か新しい時代がこの国で始まるような、そんな期待を抱いていた。4年前の大統領選挙より20パーセントも増した高い投票率が意味するものは 何なのか。それは、何かを変えたいと重い腰を上げて投票所に足を運んだ人たちの存在があったからではないのか。その結果が、どうして現状維持を求める人た ちの圧勝なのだろう。

続きを見る...

 

<<46回へ | 記事一覧 | 48回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。