シリア・コバニから脱出、ドイツの難民収容施設にたどりついたばかりのフェルハッドさんの娘たち。(フェルハッドさん撮影:2015年9月)

シリア・コバニから脱出、ドイツの難民収容施設にたどりついたばかりのフェルハッドさんの娘たち。(フェルハッドさん撮影:2015年9月)

シリア難民で元アラブ紙特派員のフェルハッド・ヘンミ記者(30)はドイツを目指し、家族とともにヨーロッパの国々を縦断する。シリア脱出後、トルコ、ギリシャ、マケドニア、セルビア、ハンガリー、オーストリアを越えた一家は、ついにドイツに入った。電話で直接話を聞いた。【聞き手:玉本英子】

◆戦火から逃げのび救われた命
ハンガリーへ入国した私たちが、次に目指すのはオーストリアです。再び故郷コバニ出身のシリア人20人ほどと一緒に行動することにしました。列車に乗り、首都ブダペストを経由して、オーストリア国境へ向かいます。

しかし、駅は何千人もの難民でごった返していました。これからどうなるのか、みんな不安でたまらなかったのでしょうか。チケットなどをめぐって、あちらこちらで、いさかいが起きていました。大声で叫んだり、泣きわめいたり、殴り合いのケンカをしたり......。その姿に、私は悲しい気持ちでいっぱいになりました。あまりの人数に、警察も対応できない様子でした。

フェルハッドさん一家の脱出行は20日に及んだ。戦火のシリアから逃れるため、トルコに有刺鉄線を越えて越境、ギリシャには闇夜にゴムボートで漂着した。その後、ヨーロッパ大陸を縦断しながら親戚のいるドイツにたどり着いた。

フェルハッドさん一家の脱出行は20日に及んだ。戦火のシリアから逃れるため、トルコに有刺鉄線を越えて越境、ギリシャには闇夜にゴムボートで漂着した。その後、ヨーロッパ大陸を縦断しながら親戚のいるドイツにたどり着いた。

続きを見る...

 

<< 前へ◆決死の脱出(5)「なぜ私はドイツを目指したのか」 │ 次へ(7)「ドイツでの生活を始める」 >>

〔シリア〕ドイツへの決死の脱出(7)ドイツでの生活を始める」
家族とともにシリア・コバニから脱出、ヨーロッパを縦断し、ドイツにたどり着いた。そこで難民申請し、施設に収容され....(2016/01/14)

【関連記事】

〔シリア〕 ロシア軍空爆下のアレッポ・市民記者に聞く(1)「空爆で住民も犠牲に」
シリア空爆を続けるロシア軍。武装組織イスラム国(IS)拠点を攻撃していると伝えられるが、実際はIS以外の反政府組織の支配地域にも着弾、住民にも被害が....(2015/10/14)
<シリア>現地記者に聞く(全3回)~イスラム国台頭の背景にあるものとは?
ISの勢力拡大で混迷を深めるシリアとイラク情勢。英米仏が空爆を開始するなど、直接の軍事行動も始まった。ISの急速な台頭をシリア人記者はどう見ているのか....(2014/10/05)
〔シリア〕アサド政権の攻撃続く、ダマスカス近郊は今【連載】
地区に暮らす住民の生活は、包囲と戦闘で困窮している。東ゴーダで活動する20代のカメラマン、ハッサン・アル・ディーン氏とネット回線電話を通じてインタビューし、状況を聞いた。【玉本英子2015年2月・4月】(2015/6/15)
〔イラク〕第1部「イスラム国」戦闘員インタビュー(1) 政府軍に拷問受け恨みIS参加
イラク・モスル出身のアリ・ハラフ。マリキ政権のイラク軍に拷問された怒り、そして貧困からISに参加した....(2015/04/27)
〔シリア・コバニ現地報告〕 戦闘続くコバニ...
イスラム国に包囲された町、コバニに入った。町は砲撃と空爆で瓦礫と化していた。いまも激しい戦闘が続く現地からの報告....
(2014/12/23)
【写真特集】イラクのヤズディ教徒たち(全7回】イラクでイスラム国の殺戮と迫害にさらされている少数宗教ヤズディ教(ヤジディ教)。その宗教、風習、文化、苦難の歴史を伝える写真特集。(2014/09/01)
<シリア緊迫>イスラム国包囲下のクルド人の町コバニ・住民が苦境伝える「住民は避難路もなく、激しい砲撃にさらされています。このままでは殺戮が始まります」....
(2014/10/13)
【解説】イスラム国に包囲されるシリアのクルド人(1)これはアラブ人とクルド人の民族衝突ではない。イスラム国のなかにもクルド人戦闘員はいるし、十字軍と戦ったイスラムの英雄サラディンはクルド人だ。イスラム国は、領土獲得という目的に加えて、クルド組織と戦う理由は大きく分けて2つある。(2014/09/24)