IS少年軍事訓練所から脱出したダハム君。「今も友だちが訓練所にいる。なんとか生き延びてほしい」と話した=イラク北部クルド自治区で2015年4月、撮影玉本英子(アジアプレス)

IS少年軍事訓練所から脱出したダハム君。「今も友だちが訓練所にいる。なんとか生き延びてほしい」と話した=イラク北部クルド自治区で2015年4月、撮影玉本英子(アジアプレス)

 

◆少年に「殺し方」学ばせる訓練所
日本で14歳といえば中学生。友だちと買い物に行ったり、ゲームをしたりと、楽しい日々だろう。一方イラクやシリアでは、人を殺すための訓練を強いられている同じ年齢の少年たちがいる。2015年4月、イラク北部クルド自治区で、過激派組織「イスラム国」(IS)の少年軍事訓練所から命がけで逃げてきたダハム君(仮名)に会った。サッカーが大好きな彼は、少数宗教のヤズディ教徒だ。イラク北西部にある村に暮らしていたが、2014年8月、ISが村を包囲。戦闘員らは村人を男と女に分け、イスラム教への改宗を受け入れなかった男たちを、その場で射殺した。彼の父親も殺されたとみられる。

女性と子どもは、シリアのIS支配地域へと移送された。ISが「首都」とするラッカに送られたダハム君は弟、母親とともに「奴隷」として50代の戦闘員に買われた。だが母親だけを男の家に残し、兄弟は少年軍事訓練所に入れられた。約5カ月間にわたり、銃の扱いや敵の殺し方を学ばされた。

訓練所にはおよそ120人の10歳から15歳ぐらいまでのヤズディの少年たちが集められ、夜は体育館のようなところで全員が毛布にくるまって寝た。暗闇の中、何人ものすすり泣く声が聞こえてきたという。

次のページ:メッセージを()わされる()ども 写真...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう