「だっこ紐」で子供を抱く女性。5年ほど前までは「ねんねこ」でおぶるのが一般的だった。中国製だという。輸入品を通じて外国の文化や情報が国内に流入する。2011年6月平壌市中区でク・グァンホ撮影(アジアプレス)

「だっこ紐」で子供を抱く女性。5年ほど前までは「ねんねこ」でおぶるのが一般的だった。中国製だという。輸入品を通じて外国の文化や情報が国内に流入する。2011年6月平壌市中区でク・グァンホ撮影(アジアプレス)

<外国人が絶対に見られない平壌の裏通り>記事一覧

外国人訪問者に対して見栄えを良くするために徹底して演出された「舞台都市」。それが平壌である。

平壌にも100万を超える庶民が暮らしている。北朝鮮政権は徹底してそれが見えないように隠している。

実際の平壌は、中心部でも一歩裏通りに入ると生活の匂いが漂う風景が広がっている。シリーズで、平壌の裏通りの様子を写真で報告する。(石丸次郎)

平壌中心部のアパート街の裏通りで、重そうな風呂敷包みを運ぶ女性二人組。市場に商品を持って行くのだろうか。2011年6月平壌市中区でク・グァンホ撮影(アジアプレス)

平壌中心部のアパート街の裏通りで、重そうな風呂敷包みを運ぶ女性二人組。市場に商品を持って行くのだろうか。2011年6月平壌市中区でク・グァンホ撮影(アジアプレス)

 

次のページ:平壌市民は、当局が外国人を案内する国営百貨店やスーパーマーケットではなく...