私は1993年から朝中国境地帯に通い、合法・非合法に中国に入国してきた北朝鮮の人たちを取材して来た。その数は1000人近くになる。

その中で、北朝鮮に戻った後も連絡を取り合い、中国で密かに会う人たちがいる。取材のパートナーもいれば、長年の友人として、脱北して韓国や日本に渡った家族との橋渡しを私に頼む人もいる。

昨年、中国に行った私に、突然一人の友人の訃報が届いた。名をヨンサムといった。北朝鮮中部地方の農村に住んでいた。しばらく連絡が途絶えていたのだが、肺結核で苦しんだ末に亡くなったとのことだった。まだ40代半ば。一児の父だった。

img0066apn

2001年の寒い日にヨンサムを外に連れ出して撮った一枚。背後は豆満江を挟んで北朝鮮。

次のページ: ヨンサムは2000年頃に、飢える家族を食べさせるため親戚を頼って中国に越境…