(参考写真)取材協力者だった北朝鮮の男性。覚醒剤に手を染めたため別れるとこになった。中国で。撮影アジアプレス

金正恩政権が、麻薬と覚醒剤などの違法薬物の蔓延に業を煮やし、かつてない強力な取締りを始めた模様だ。

北朝鮮で、覚醒剤などの違法薬物の蔓延が深刻であることは、これまで多くのメディアが報じてきた。

1990年代まで、北朝鮮では国家的にケシを栽培し、麻薬を精製して外国に密輸、外貨を稼いできた。その後、国際的な非難と警戒が強くなったため、ケシ栽培から工場で製造できる覚醒剤に転換した。

筆者は取材の過程で、何度か北朝鮮と麻薬や覚醒剤との関わりに遭遇したことがある。一度目は1997年8月に中国人の団体と共に咸鏡北道の羅津(ラジン)を訪問した際のこと。乗っていたバスの車窓から大きなケシ畑を目撃した。同乗していた中国人のグループからはどよめきが上がった。

二度目は1999年に中国でインタビューした脱北者の証言だ。「勤めていた協同農場にケシ栽培をする作業班があった。年々縮小傾向だった」と語った。
関連記事:金正恩政権は覚醒剤撲滅に成功するか 3月から大々的取締り開始 (2) 秘密警察投入し「管理所」送りに

三度目は2002年、中国朝鮮族の取材協力者に咸鏡北道の茂山(ムサン)郡に親戚訪問を名目にして現地調査に行ってもらった時のことだ。約二週間の滞在中、訪ねたいくつもの家で、「オルム」(氷の意)と呼ばれる覚醒剤を吸っており、彼自身も勧められた。覚醒剤が広く流行していることに衝撃を受けて帰ってきた。

まだある。90年後半から北朝鮮と中国を行き来して取材を手伝ってくれた北朝鮮の青年Aが覚醒剤の服用を始めたのだ。2004年のことである。

「『オルム』は中毒症状もないので体に悪くない。疲れがとれるので重宝している」

と言う。Aは、やめろという筆者の忠告を聞こうとしなかった。

Aと接触するのは、国境の川・豆満江沿いのある村だった。中国では麻薬・覚醒剤の所持や密売は厳罰だ。覚醒剤50グラムの密売は懲役15年上または死刑である。覚醒剤を扱っていると公安に誤解されるだけで、取材拠点にしていた村の協力者に多大な迷惑がかかるし、筆者自身もやばい。(覚醒剤密輸を図った日本人4人が2010年に死刑になっている)。
次のページ:中国側に掲げられた「麻薬密輸活動を許すな」の立て札。