(参考写真)平壌のアパート建設に地方から動員された若者。痩せて生気乏しい。ほぼ1年間、工事現場で寝起きして働いていたという。2011年9月撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

 

ほどんど強制的な奉仕労働への動員、男子11年、女子7年に及ぶ軍服務、日銭を稼ぐために屋外で朝から晩までの商行為…。

北朝鮮の庶民の日常はしんどいことの連続だ。特に女性は本当に時間がない。
「炊事、洗濯、子供の世話をこなしつつ、一日中商売に出なくてはなりません。それに人民班会議があって、道路の修繕や、農場のための堆肥作りなどの動員も頻繁。くたくたですよ」
中部地域に住む知人の女性の弁だ。
関連写真:映像に記録された少女たちの受難(6) 大飢饉時代、飢えに苦しんだ少女たちの苦難を振り返る

北朝鮮内部の取材パートナーが撮影した映像から、困憊する民の姿を紹介したい。(石丸次郎)

(参考写真)道端で野菜を売っている女性が、疲れ果てたのか商品そっちのけで横になっている。2013年10月両江道の恵山市にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

次のページ:駅の待合室で移動のための列車を待つ女性兵士たち など2枚の写真

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう