ザルミーナの裁判は審理が繰り返され、最高裁まですすんだ。事実が争われたゆえではなく、「妻の夫殺し」というアフガンでは特殊な事件ゆえだった。(2002年・カブールの最高裁判所・撮影:アジアプレス)

私も、アフガン取材を始める前までは、タリバンの女性への過酷な仕打ちは聞いていた。
しかし取材を続けることで、さまざまなな面が見えてきた。

欧米の市民社会からみれば、タリバンは前近代的な集団と映るのかもしれない。
独自に解釈したシャリア(イスラム法)をタリバンは厳格に適用した。

ムチ打ちや手足切断などの厳しい刑で人びとは押さえつけられてきたが、内戦の混乱で横行していた略奪や凶悪犯罪が格段に減った。ゆえに、これまで苦しんできた人たちのなかにタリバンに支持をよせた者は少なくなかった。

とりわけタリバンの支持が拡大した農村部では、いわゆる「村の掟」が共同体の規範となっていた。それに背いた者は、厳しく処罰される。
タリバンはこうした規律をイスラムと融合させて、都市部にまで持ち込んだ。

不倫のうえに、夫を殺したザルミーナのような女性は「共同体を乱す者」であり、アフガン社会の掟からすれば、その処刑は決して異常なことではなかったといえる。
次のページ:タリバンだけを「悪」とみなせるのか…