ハマムで出遭ったマリアム(37)は売春罪で刑務所に服役中、ザルミーナと知り合った。(2002年3月撮影:玉本英子)

彼女は、前日7人の男たちを相手にして120万アフガニ(約4700 円)を手に入れていた。
10 年前に夫を病気で亡くし、家族を養うためにタリバン政権時代から売春をつづけてきた。

彼女にはまだ幼い娘がひとりいて、将来はアメリカに留学させるのが夢なのだと話した。
多くのイスラム諸国と同様に、タリバン政権も売春を厳しく取り締まっていた。

一方で、売春は地下で厳然と存在していた。
統計はないもの、かなりの数の女性が売春や、その斡旋に従事しているという。

アルカイダに参加していたアラブ人義勇兵の中にも常連客がいた、とも教えてくれた。
タリバン時代に4回逮捕されたマリアムは、延べ1年4か月、ウェラヤット刑務所に服役した。

そこで彼女は4か月のあいだザルミーナと一緒に過ごしたのだという。
ザルミーナは自分が売春をやっていたことをマリアムに話していた。

刑務所での生活は過酷だった。
刑務官たちはあたりまえのようにお金を要求し、お金がないと食事すら与えられない。

男性刑務官に強姦されて妊娠したものさえいたという。
そんななかでザルミーナは監舎内で育てていた双子の赤ん坊に食べ物を与えるため、仲間の受刑者たちにすがりつき、お金の工面に奔走していた。
そして礼拝を欠かさなかったという。

閉ざされた日々の暮らしのなかで、ザルミーナは祈り続けていた。
次のページ:暫定政権の法律では、売春(または買春)行為をした場合は…