(参考写真)市場で商売する女性たち。幅80センチの売り場の経営者だ。2012年8月恵山市にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

 

9月11日に国連安全保障理事会が原油と石油製品の北朝鮮輸出を制限する新しい制裁案を採択した後、北朝鮮国内の燃料価格の動向に注目が集まっている。アジアプレスでは9月18日と22日に北部の二都市で物価調査を行った。8月末に比べて燃料価格が上昇、核、ミサイル開発に執着する政府に不満声も出ているようだ。(カン・ジウォン)

北朝鮮内部の取材協力者が、9月18日に咸鏡北道会寧(フェリョン)市、22日に両江道恵山(ヘサン)市で主要物価を調査した。両都市の価格はほぼ同一であった。報告は次の通り。
関連写真と動画:性的被害に遭うホームレスの少女たち

ガソリン:16250~18750= 約223~257円 (15000)
軽油:12500=約171円(8500)
白米:5400=約74円 (5300)
トウモロコシ:2700=約37円 (2600)
中国1元=1250=約17円 (1190)

価格はすべて1キロ当たりの北朝鮮ウォン。北朝鮮では油価もキロ単位で販売するのが一般的。( )内は8月29日の両江道の価格。ガソリン価格の幅は品質の差によるという。

(参考写真)堂々と中国元をやり取りする商人。北部地域では中国元が基軸通貨になっている。2013年10月恵山市にて撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

 

8月末の調査と比べるとガソリンは約8~25%の上昇、軽油は約47%上昇したが、主食の白米とトウモロコシの価格には大きな変化はなかった。中国元との実勢交換レートは約5%のウォン安だった。これらの価格変動が制裁の影響なのか、現時点でははっきりしない。

会寧市で調査した協力者は
「油の値段が上昇しているため『サービ車』(商業的に運営されるトラックやバス)の運賃が少し上がったが、商売人たちもそれに合わせて商品の値段を上げているので大きな混乱は起きていない。数百ウォンくらい上下することはよくあるので、制裁によって物価が上がるのかどうかは、しばらく様子を見なければならないだろう」と述べた。

一方、核、ミサイル開発に執着する金正恩政権に対して、住民たちの間から不満の声が上がっているようだ。この取材協力者は「住民世論」を次のように語った。
「我われが貧しいのは米国のせいで、経済封鎖されてきたからだと政府は言うが、人民のことは考えず武器ばかり作っていると、住民からは反発の声が聞かれる」

【合わせて読みたい記事】
<北朝鮮女性インタビュー>1 「政府? 信じる人はもういませんよ」 金正恩氏を「あの人」と呼ぶ庶民
<北朝鮮最新報告>鉄条網で閉じ込められた住民たち(写真4枚)
<北朝鮮内部>「核実験失敗でヒロシマのようになる」 飛び交う噂に当局ピリピリ(写真3枚)