◆もしアフリンが陥落すれば、次は自分たちの村がやられる

しかし、お金のためだけではありません。復讐です。ヌブル村と隣のザハラ村は2012年から自由シリア軍によっておよそ4年間にわたって包囲され、住民数百人が殺されました。彼らはシーア派を殲滅しようと、執拗な攻撃を加え続けたのです。私たちはそれを許すことはできません。村の民兵たちにとって、アフリンでの戦いはスンニ派過激組織への報復戦の意味もあると思います。

今回のアフリン入りですが、知らない場所へ来たというのとは違います。今の情勢とはまったく関係なく、地域的に昔からクルド人とは共存してきました。友人もいます。

現在、トルコ国境沿いのアフリンの村が次々に占領され、クルド組織が苦戦しています。今後、もしアフリンが陥落するようなことがあれば、次はその南にある私たちの村が再びターゲットにされる。だから今、銃を持ち故郷を守らなければならないのです。

アフリンではトルコ国境沿いの多くの村々がトルコ軍の支援を受けたシリア武装諸派によって次々と制圧されている。クルド・人民防衛隊(YPG)を支援する形でアサド政権派シーア派民兵がアフリン各所に展開。写真はアフリン市。(2月24日・地元住民・スワール氏撮影)。

(続きを読む>>>)

【連載のほかの記事を読む】

<<<(1)爆撃と侵攻の恐怖におびえる住民(写真3枚)
<<<(2)医師足らぬ病院(写真5枚)
<<<(3)シリア武装組織がクルド女性戦闘員の遺体踏みつけ(写真6枚+地図)
<<<(4)砲撃にさらされる村落地帯(写真4枚+地図)
<<<(5)アサド派民兵がアフリン入り、地元市民複雑な思い (写真3枚+地図)
<<<(6)「町が制圧されたら きっと殺される」と住民青年(写真3枚)
<<<(7)アサド政権派民兵の故郷では シーア・アラブ村住民に聞く(写真2枚+地図)
<<<(8) 住民死傷者850人超「もし生きていたら また連絡します」と住民(写真4枚+地図)
<<<(9) 息子3人が戦死 「遺体なき棺を埋めた」クルド母の涙(前編)写真4枚
>>>(10)「息子はISと戦い犠牲になったのに世界は見捨てるのか」(後編)写真5枚+地図

【合わせて読みたい記事】
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 (3)シェルター生活の子どもたち 電気も水もなく一日一食(写真4枚+地図)
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 激しさ増す(2) 住民脱出できず、子どもや女性は家やシェルターに(写真3枚+地図)
<シリア>政府軍によるダマスカス郊外 東ゴータへの攻撃 激しさ増す(1)反体制派への大規模戦、間近か(写真3枚)