(参考写真)停電で止まった列車。劣悪な設備更新が鉄道連結の最大の課題だ。2002年8月に中国側から石丸次郎撮影

◆会談重ねても良くならぬ経済

北朝鮮との鉄道連結に向けた共同点検のため、韓国の代表団が7月20日、北朝鮮に陸路で入った。4月27日の文在寅―金正恩会談で発表された板門店宣言では、鉄道と道路の連結と活用が謳われた。それを実践するための基本的な調査が始まった。

北朝鮮の一般住民の間でも、南北間の鉄道連結には関心が高い。北部地域に住む取材協力者は次のように述べる。
「南北の首脳が会った後、様々な会談が行われているのに、政府が一向に庶民の暮らしを改善できないため、庶民の間では韓国に期待する声が大きくなった。鉄道が繋がるといいことがあるかもしれないと考える人は多い」

板門店宣言は北朝鮮の国営メディアでも公表されたため、南北の鉄道連結は「秘密」事項ではない。そのため、人々は公の場で話しても問題ないという認識で、市場や人が集まる場で堂々と議論を交わしているという。どんな話が飛び交っているのか、協力者が伝えてきた話を整理しよう。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう