(参考写真)農村から穀物を運ぶ途中で警官の止められた夫婦らしき二人。2008年8月平壌市郊外で撮影チャン・ジョンギル

 

穀物の収穫が最盛期に入る北朝鮮で、個人による食糧の移動を厳禁するという「布告」が発表され、取り締まりが強化されている。穀物を田畑から盗む行為は死刑もありうるという厳重さだという。

北部地域に住んでいる取材協力者は、9月27日に次のように伝えてきた。

「現在、協同農場と道路の検問所で、穀物の移動を厳しく取り締まっており、個人による運搬までほぼ禁じられた。国家による統制のせいでコメ価格が急騰している。まだまだ上がるだろう」

アジアプレスでは定期的に北朝鮮内の物価調査をしている。8月末に1キロ当たり4500ウォンほどだった米価は、この一カ月で約17%も上昇し5400ウォンになった。※100円=約7500北朝鮮ウォン

この協力者は取り締まりの詳細について、次のように説明する。

「農村の入り口に穀物移動統制のための検問所を設置して、保安員(警察官)と取り締まり要員が車に積まれた穀物を漏れなく検査する。個人が穀物を運ぶ場合も、1人当たり15キロを超えることができない。超える場合には、農場管理委員会の承認書を提出しなければならない」
参考記事:<北朝鮮写真報告>都市の市場に食糧を運ぶ都市貧民の姿撮った

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう