文大統領は北朝鮮の住民に好感を持たれたようである。(平壌写真共同取材団)

 

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の初めての訪朝を、北朝鮮の民衆はどのように受け取ったのだろうか? アジアプレスでは内部の取材パートナーの協力を得て、人々の反応を伝えていく。その第一報として、文大統領の帰還翌日の21日に話を聞いた女性の声をお伝えする。(聞き手 カン・ジウォン/整理 石丸次郎)

◆まるでおじいさんと孫のよう

――まず文在寅大統領の印象について聞かせて下さい。
おじいさんのようでしたね。(金正恩氏と)年齢の差も多いし。統一のために積極的にやってくれているようで良かったです。

――文大統領は平壌の空港に着いて90度のお辞儀をしましたが見ましたか?
それは見てないなあ。手を振っている場面は(報道に)出ていましたが。

――南北首脳会談の結果についてどう見ますか?
今回の会談では祖国統一について言及がありました。でも、人々は(韓国が)経済援助をしてくれるだろうと言い合って期待していたので、(援助がなくて)残念ですね。もう少し様子を見ないとわからないと、幹部も取り締まり機関の人たちは言っています。米国の「手のひらの上」にあるのが実際でしょうから。

――非核化が懸案です。
(北朝鮮は)経済が悪くなったままですが、韓国が投資してくれたらすぐにでも立ち上がれるでしょう。そのためには核を無くさなければならないけれど、(幹部は)「核放棄したら奴隷になる。それなら中国と密輸商売した方がましだ」と言っていました。

――非核化すれば韓国や日本、中国が支援も投資もするはずです。
私は、核なんか放棄してしまって(南北の人々が)自由に往来できたら素晴らしい、核捨てて静かに商売できたらいいと思っています。上の連中はどうだかわかりませんが。

――金正恩氏は非核化すると思いますか?
(非核化)すると言ったそうです。でも、今でもここの政府は「核強国だ」と自賛しているんですよ。苦労して作ったのに放棄すると思いますか? しないでしょう。核のことで韓国と米国と会談したのに。核がなければ誰が会ってくれますか? 私は、核放棄はしないと見ています。

文大統領が北朝鮮を離れた翌日の21日も、北部の中国国境に近い地域は厳戒態勢が続いていた。
「特別警戒態勢はまた解除されておらず、このように外国と通信する者に対する行為は、電波探知機を使って取り締まります。今私は、命を懸けて話しています」
と協力者は述べた。

※インタビューしたのは、北部の平安北道に住む30代の既婚女性。政府機関幹部と人脈を持つ。
アジアプレスでは中国の携帯電話を北朝鮮内に搬入して連絡を取り合っている。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう