「この世にうらやむものなし」と書かれた国産の菓子セット。2012年の金正日生誕日に子供に配られたもの。まずいと不評で市場に売る人が続出した(アジアプレス)

◆偉大な指導者から国民へのプレゼントという虚構

10月10日は73回目の朝鮮労働党創建記念日だったが、祝日に全国民に贈られる「特別配給」がまったく実施されなかった模様だ。北朝鮮各地の取材協力者が伝えてきた。建国70周年の記念日と秋夕(お盆)の特別配給も実施されなかったという。その理由はなんだろうか?(カン・ジウォン)

【写真特集】 これが金正日生誕日の「贈り物」。レトロな国産菓子の数々(6枚)

北朝鮮の祝日と言えば、金日成の生誕日(4月15日)、金正日の生誕日(2月16日)が最大で、次に正月、秋夕、建国記念日(9月9日)、労働党創建記念日と続く。

祝日には、「偉大な指導者」が国民に贈り物を下賜する「祝日特別配給」が長く行われてきた。コメや酒、食用油、学用品、菓子セットなどだ。金日成、金正日の人徳政治、偉大性宣伝が目的であった。基本的には、地方政府にあたる人民委員会が、管内で資金と物品を調達して住民に配給する。
<北朝鮮内部>金政権がついに「指導者からの贈り物」放棄か 党創建記念日の「特別配給」ゼロ なぜ?

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう