社会不安続きで占いが大流行。近所で強盗があり住民たちが集まった(アジアプレス)

 

10月初旬、北部の恵山(ヘサン)市で、ぞっとする集会が開かれた。朝9時、市中心にある競技場に動員された数百人の前に、占い師7人が引きずり出されてきたのだ。

この集会に参加させられた現地の取材協力者は、次のように伝えてきた。

「集まりは『群衆暴露集会』と銘打たれた見せしめの集まりでした。舞台に上げられた占い師は男1人女6人。30代くらいが1人で、あとは年配の人たちでした。警察幹部が『迷信行為をした』と糾弾演説をした後、手錠をかけられて連れて行かれました。恐ろしかった」
詳細記事:<北朝鮮内部>占い師7人を競技場でつるし上げ 数百人を動員 麻薬常習者8人も糾弾

◆巫堂は絶滅、占いを刑法犯罪とみなす体制

北朝鮮では占いは迷信とされ犯罪行為である。金品を受け取って迷信行為をした者は、1年以下の強制労働の刑、情状が重い場合は3年以上7年以下の懲役刑に処すと、刑法に定められている(2015年改定刑法256条)。

旧ソ連はじめ多くの社会主義国で宗教は弾圧されたが、北朝鮮は程度がまったく異なる。多くの脱北者が語るところによれば、1960年代後半には、「クッ」と呼ばれる朝鮮の土着信仰の祭儀は根絶やしにされ巫堂(ムーダン)は絶滅、仏教やキリスト教の宗教活動は姿を消した。金日成思想を唯一無二の指導イデオロギーと規定する「唯一思想体系」のためだ。

1990年代後半、大量の餓死者を出す社会パニックが発生して不安が広がると、「迷信行為」が復活した。この時期、食べる糧を得るために、おびただしい数の人が国中を移動した。中国にも、のべ百万超の民が越境した。

政権は無策のまま。毎日人が倒れ、路上には死体が放置されたまま。追いはぎ、強盗殺人、スリ、窃盗、詐欺が横行する。警察も役所も、「人民のための党」もまったく頼りにならない。何もかもが信用できず不安と不信が膨張した。すると、人々は占いを頼るようになった。
関連写真と動画:闇市場を彷徨うホームレスの少女たち 性的被害が多発した

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう