2013年夏に撮影された金正日氏の偉大性称える政治集会の様子。撮影アジアプレス

◆「正日氏に生き写し」が正恩氏のウリだったのに…

さる12月17日は金正日氏の7回目の命日だった。7年前、金正日氏の急死によって、否応なく20代で権力の座に就いた金正恩氏は、何の実績も権威もなく、政権運営のために祖父金日成、父金正日の威光にすがることになったのは必然であった。
【関連動画を見る】 北朝鮮女性に本音を聞く 金正恩政権の6年をどう評価する?

「(金正日)将軍様に生き写しであられる敬愛する金正恩同志」という宣伝文句が国営メディアに踊った。亡き金正日氏の偉大性が生前にも増して強調され、金正恩氏はその唯一の後継者であるという論理で、未熟な若者の権威づけが図られた。金正日氏の命日の12月17日は、ずっと政治的に重要なメモリアルデーだった。

ところが、今年の命日の行事は、住民が拍子抜けするほど簡素なものだったようだ。北部地域の大都市に住む取材協力者は、翌18日に次のように伝えてきた。

「17日朝に機関や職場ごとに金正日の銅像の前に集まって花束を捧げた。一般住民は人民班別に集合させられ、やはり銅像に参拝した。今年の追悼行事はこれだけ。拍子抜けした。平壌ではどうやったのか知らないが、こんなに簡素なのは初めてだ」

昨年まではどうだったか。12月に入ると住民に禁足令が出された。居住地を離れることが禁じられ、他地域に移動するのに必要な「旅行証明書」も発給が止まった。追悼関連行事が数日続き、参加しない者がいないか、保安署(警察)や役人がチェック。命日前後に酒席を開いた者は、思想闘争にかけられ批判された。

金正日氏は、1990年代に大量の餓死者を発生させるなど民生破壊がひどかったため極めて不人気で、怨嗟の声が絶えなかった。そんな金正日氏を称えよというのが毎年の命日行事だが、庶民の間では存在感が年々希薄になっていた。

「今では、金正日の名前が人の口に上がることもめっきり少なくなった」 
平壌から中国に出国してきたビジネスマンは、こう言った。(カン・ジウォン)

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう