(参考写真)事件があった恵山市の市場で買い物をする将校。2013年8月に撮影アジアプレス

 

◆背景に軍人の窮乏か

北部の両江道恵山(ヘサン)市の新興洞(シンフンドン)で、武装兵士が国境警備隊の将校の家に侵入して籠城する事件が発生、銃撃戦に備えて物々しい警戒が敷かれていたことが分かった。両江道に住む取材協力者が3月8日に伝えてきた。(カン・ジウォン)

【関連写真を見る】哀れな女性兵士たちの素顔 生理止まる栄養不良 性被害も多発(写真10枚)

この取材協力者によれば、事件が発生したのは2月24日。兵士はAK自動小銃を携行して午前10時頃に将校宅に押し入り、将校と妻、子供1人を追い出して夜7時まで籠城したという。将校は中隊の「責任保衛指導員」。軍隊内の思想動向を監督するのが任務だ。

事件が発生したのは、金正恩氏がトランプ米大統領との会談のために、列車でベトナムに向けて出発した直後で、3月10日の最高人民会議代議員選挙を控えた重要な時期だった。そのためか、鎮圧のために地域の保安署(警察)の機動隊などが総動員されたという。

兵士は国境警備隊で、この将校の下で勤務していたが、密輸を幇助した罪で拘束され、釈放後に部隊に復帰。自分を処罰した将校に恨みを持って私宅に侵入したらしいと、現地では話されているという。

籠城した兵士は、自分の無念さを原稿用紙20枚ほどに書き、アパートの住民に託そうとして将校宅を出たところを逮捕された。結局、銃撃戦には至らなかったという。事件を深刻に受けとめた当局は、国境警備隊に朝鮮人民軍内の思想動向を監督する保衛司令部の要員を派遣、調査が続ているという。

金正恩時代になった2012年頃から、中国との国境地帯は統制が格段に厳しくなった。そのため、住民が中国と密輸するのを見逃したり助けたりすることで賄賂を得ていた国境警備隊員たちの「収入」が激減。困窮して栄養失調になる兵士も続出していた。

※アジアプレスでは中国の携帯電話を北朝鮮に搬入して連絡を取り合っている。

この記事は会員記事です。
会員の方は、ログインしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう