廃墟になった化学工場。2017年7月に鴨緑江の中国側から石丸次郎撮影(アジアプレス)

◆降水量減少で水力発電不振もあるが…

北朝鮮の広い地域で、依然として住民地区に電気供給が1秒もない「絶電」状態が続いていることが、アジアプレスの調査で分かった。

「絶電」が始まったのは昨年11月初旬。6カ月が経ち、住民の間から「電気ゼロの原始生活が続いている」との嘆きの声が出ている。

北朝鮮は水力発電への依存が約70%と高い。そのため、川が凍る厳寒期に電力事情が悪くなるのは毎年のことだ。しかし、北朝鮮の春が遅いとはいえ、4月初めにはダムの氷も解けたはずだ。5月中旬、両江道(リャンガンド)、咸鏡北道(ハムギョンブクド)の都市部で、住民地区の電力事情を尋ねた。一部を紹介しよう。

「今もって電気ゼロ。三池淵(サムジヨン)の観光特区建設に電力をすべて回しているというけれど…。産業用電気は少し来ているようだ」(恵山(ヘサン)市の住民、14日)

三池淵郡では、金正恩氏の命令で、2017年から国際観特区建設工事が進められている。今秋の完工を目指し資材、人員、電力が最優先で投入されている。

「ずっと1秒も電気が来ないままです。余裕のある家庭は太陽光パネルを設置したり、自動車バッテリーに充電して自営している。産業用電気も1日に6時間程度しかない」(咸鏡北道会寧(フェリョン)市の住人、15日)

賄賂を使って、電気供給がある工場や役所で自動車バッテリーに充電させてもらい、それを家庭で使う。

朝鮮中央通信は、15日、1月から5月初めまでの降水量が54.4ミリで、1982年の以来の低水準だと報じた。ダムの渇水によって発電量が落ちている可能性がある。しかし、「絶電」がこれだけ長期化するのは過去になく、石炭、重油を使った火力発電の不振が想像される。

現状、行政や党の機関には優先的に電気が供給されている。一方、年初に1日12時間程度あった産業施設への電気供給は、相当落ち込んでいるようだ。(カン・ジウォン/石丸次郎)

※アジアプレスでは中国の携帯電を北朝鮮に搬入して連絡を取り合っている。