(参考写真)市場で買い物をする痩せた軍人は将校だった。2013年8月両江道恵山市にて撮影(アジアプレス)

 

金正恩政権が、4月末頃に人民武力省(日本の防衛省に相当)命令で、将兵の携帯電話使用を根絶せよと通達し、警務兵(憲兵)が軍人の所持品検査を徹底していることが分かった。5月末に、北部地域の取材協力者が伝えてきた。(カン・ジウォン)

【関連写真を見る】  親も泣く! 空腹と性被害に悩まされる女性兵士たちの素顔(10枚)

北朝鮮では、将兵が個人的に携帯電話を所有、使用することを禁止されている。申請制の電話局から家族に電話するのも手続きが厳格で簡単ではない。軍事情報の漏えいを怖れてのことだ。

ところが、実際には将校が携帯電話を持つのは普通になっており、部隊の中で通話することも珍しくないという。また最近では、一般兵士までが、家族と通話をするために携帯電話を隠し持つケースが増えている。

背景には携帯電話の急速な普及がある。2008年12月に始まった北朝鮮の移動通信事業は、10年余りで加入者が500万超に急拡大した。軍内情報をよく知る取材協力者は次のよう言う。
将校の家族も所持禁止に...