【連載】イランを好きですか?[大村一朗]
~テヘラン、8年の家族滞在記~3

アジアプレスYouTube twitter.gif facebook.gif

留学生たちが集う23号棟。この学生寮はしばしば学生運動の震源地となってきた。数ヵ月後、学生寮は体制側民兵組織の襲撃を受け、この23号棟も廃墟と化した。

◆テヘラン大学学生寮23号棟

Wさん宅での生活が一週間を迎えた頃、私はこの家を出ることにした。Wさんのご主人Jさんが仕事でほとんど家に帰宅しないため、実質、Wさんと子供だけの家に私が泊まっていることになり、それは倫理上いささか、イスラムのイランでは尚のこと、都合の悪いことだったからだ。
幸い、私はテヘラン大学の学生寮に移り住むことが出来た。市中心部にあるその学生寮からなら、デホダまでバス一本で行け、通学時間も30分ほどで済んだ。

学生寮は大学そのものと見まがうほど広く、敷地内には生活棟、スーパーマーケット、大小の食堂、パン屋、学習室、インターネットルーム、小さな映画館、そして理髪店まで、学生生活に必要な施設が一通り揃っていた...

<<2回へ | 記事一覧 | 4回へ>>

             この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
    

最もよく読まれている記事

              
Facebook
Twitter
<写真・北朝鮮の暮らし>庶民のタンパク源「人造肉」
写真記事 一覧...
【動画・北朝鮮の水問題8】土砂が積もった川、氾濫と干ばつの悪循環
動画記事 一覧...
[PR]