アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

古居みずえのパレスチナを見つめる眼 1 「首都撤回」のデモを続ける女性たち(写真2枚)

12月6日、トランプ米大統領はエルサレムをイスラエルの首都として正式に認めると発表した。エルサレムにはユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地があり、イスラム教徒が多くを占めるアラブ諸国や、地元のパレスチナ人らから強い反発が出ている。30年間パレスチナの女性や子どもたちを取材し続けてきたフォトジャーナリストの古居みずえが現場に入った。

「エルサレムはイスラエルの首都」というトランプ米大統領の爆弾発言を受け、世界中が騒然とした。1週間たった今、情勢は落ち着いたかのように見える。しかし、金曜日のお祈りに向かうダマスカス門での光景は異様だった。ジャーナリトやカメラマンは何かの式典の時のようにひと塊にまとめられ、報道規制が敷かれていた。(12月15日撮影・古居みずえ)

金曜日のお祈りの後、早く外に出そうとするイスラエル兵士と、居続けようとするパレスチナ人女性たち。エルサレムは私たちのもの、と叫ぶ女性たちは、毎日のようにデモを続けている。人数はそれほど多くはないが、朝から夜まで居続けている。「私たちはアメリカが『エルサレムはイスラエルの首都』と言ったことを撤回するまで続ける」(12月15日撮影・古居みずえ)

【合わせて読みたい記事】
<パレスチナ現地報告>電力危機にあえぐガザ住民(1) 麻痺する日常生活 土井敏邦
<パレスチナ現地報告>電力危機にあえぐガザ住民(2)~過酷な夏を迎えて 土井敏邦
<パレスチナ現地報告>電力危機にあえぐガザ住民(3)~廃業の瀬戸際で 土井敏邦

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top