アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

古居みずえのパレスチナを見つめる眼 (7)続くイスラエルからの電力カット(写真2枚)

ガザ地区に暮らす老夫婦モハンマド(95)とマリアム(84)は日々の祈りをかかさない。続く停電に苦しんでいた。(2018年1月5日ガザ地区にて撮影・古居みずえ)

電気が止まれば水も出ない

ガザはイスラエルからの送電カットがさらに厳しさを増している。10年以上前から封鎖による電力不足の状態が続いてきたが、昨年からは1日に2~4時間しか電気が来ない状態が続いた。数日前から電力カットが半年ぶりに解除されたが、一日わずか6時間程度という。ガザのひとびとの苦しみはまだまだ続いている。(古居みずえ・アジアプレス)

老夫婦モハンマド(95)とマリアム(84)はガザのビーチ難民キャンプに暮らす。「昨夜、夜中に夫はトイレに行こうとして暗闇でベッドから落ちてしまった。トイレを使うにも電気がなくて暗い」とマリアムは話す。
関連写真:電力事情の悪いガザ地区の民家。

電気が止まればポンプなどが停止し、上下水道も使うことができなくなる。10日間、水が来ない時があったという。家庭では水が来た時に大きなタンクに溜め、来ない時はそれを使う。それでも家族が多いとすぐなくなってしまう。
そしてガザの水は飲料水としては飲めない。地下水の過剰な汲み上げによって水が少なくなっていて、海水が地下水に侵入し、塩分濃度が高いのだ。飲料水は業者から買うが、汚染されたものもあるという。貧しい家庭は水も買えない。(2018年1月7日ガザ地区にて撮影・古居みずえ)

【合わせて読みたい記事】
古居みずえのパレスチナを見つめる眼 (5)ヨルダン川西岸の村で、イスラエル兵に抵抗した少女逮捕
古居みずえのパレスチナを見つめる眼 (4)「キリスト生誕地」ベツレヘムのクリスマスイブ
古居みずえのパレスチナを見つめる眼 (3)「エルサレム首都」に反対する旧市街でのデモで

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top