アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

北朝鮮から届いた新年報告 評判下がり続ける金正恩氏 庶民は「新年辞」にも辛辣

新年早々「堆肥集め戦闘」に動員された女性たち (撮影 アジアプレス)

 

年が明けて、北朝鮮に住む取材パートナーたちから新年の報告が続々届いている。「幸多き年になりますように」と、互いに新年の挨拶を交わしたのだが、皆さんの気分はあまり冴えないようだった。石丸次郎

元旦は休みだったが、農村では早くも3日から「堆肥づくり戦闘」に動員されている。また恒例の金正恩氏の年頭演説=「新年辞」の学習も始まった。北朝鮮の正月は、憂鬱な一年の始まりでもあるのだ。

新年辞では前年の総括と新年の展望が述べられるのだが、意味ある内容は少ない。自画自賛の「画期的成果」と欲張り過ぎの目標をずらり

と並べ立てるのがならいだ。今年の新年辞の項目をざっと列記しよう。

・朝鮮労働党第7回大会が成功。
・核強国、軍事強国になった。
・経済生産は順調であった。
・大陸間弾道ロケット試験発射準備が最終段階に入った。
・自力で5カ年経済戦略の目標を達成しなければならない。

異例だったのが、金正恩氏による「反省の弁」的一節があったことだが、これについては後述する。

1月4日と5日、北部の咸鏡北道に住む取材協力者A氏(男、労働党員)と、両江道に住むB氏(女、労働者)から、新年辞について聞くことができた。

――金正恩氏の新年辞演説をテレビで見ましたか?

A氏 そもそも電気がまともに来てないのでテレビが映りません。元旦の新年辞も見ていません。3日から出勤で、職場で朝から新年辞の学習会があって、新年辞を貫徹する決起大会をしました。農村では堆肥生産に動員されています。  

――新年辞について住民の反応は?
A氏 毎年やっているけれど、何もよくなったことなんてないから、皆、関心ないですよ。「金正恩が弾道ミサイルを完成させると言っているが、それを作って何かの役に立つのかさっぱりわからん」と言ってる人がいましたね。

新年辞の学習が終わった後、職場の人たちは「お正月だというのに、何も(人民に)与えるものがないから、金正恩の新年辞は気持ちだけだ」と言って笑っていました(中身がないの意)。でも、言葉に気を付けないと監視対象になるので、知り合い同士で囁いて笑うだけです。
関連記事:金正恩氏に厳しい評価続々 「祖父の真似ばかり」「若造」「デブ」呼ばわりも

さて、今年の新年辞には、珍しく「目玉」があった。金正恩氏が演説の後半で自己批判めいた発言をしたのだ。朝鮮中央通信から引用しよう。
金正恩氏が演説の後半で自己批判…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top