アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

アジアプレス設立30年記念イベント

<北朝鮮>平壌に行って見えること見えないこと 主観的印象論を排すために(7) 平壌に住んでいるのは誰か? 続く地方への追放・縮小策

路上に座り込んで食品を売る女性。熱心に客を呼び込んでいた。2011年6月平壌市大城(デソン)区域にて撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

「平壌には特権階層が住んでいる」
このような言い方がよくされる。これは半分は正しいが、半分は正しくない。政権中枢の党、政府、軍の幹部たちとなどの特権階層とその周辺の人たちが住んでいることは言うまでもないが、推定200~250万の人口の大部分は、その日その日をなんとか暮らしている何の特権も持たない庶民たちである。外国からの訪問者は、この庶民たちとの接触の機会も、目にすることもほとんどないことは、述べてきたとおりだ。

平壌居住経験者の証言をまとめると、外国人も訪れる市中心部に住むのは、ざっと人口の20-30%、40~60万人程度だと思われる。残りの70-80%は、市中心部の少し外れから郊外に暮らす一般の労働者、農民などで、地方都市住民と大きくは変わらない生活をしている。

平壌居住を許されているのは、体制に対する「従順度」が高いとみなされる人たちだ。基本的には出身成分が悪い者は住めない。出身成分とは、北朝鮮版の制度的身分のことだ。

日本の植民地時代の貧農、労働者、抗日運動関連者の後孫、朝鮮戦争参加者の遺家族、そしてもちろん金日成一族と連なる人々は「核心階層」と呼ばれる最上位に位置する。一方、戦前の地主、資本家、対日協力者、越南者の家族、宗教家などは、代を継いで「敵対階層」という最下層に置かれていて、平壌居住はほぼ不可能だという。

この記事は会員記事です。 すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。 以下の、新規会員登録リンクより、新規会員登録ができます。 会員の方は、ログインしてください。

既存ユーザのログイン
   
金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top