アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD

復刻連載「北のサラムたち1」第23回 40年目のSOS 在日帰国者一家の物語(7) “終わり”の見えない支援に悩む中国朝鮮族

1996年から北朝鮮の山に新しい墓が続々増えているのが中国側から見ても分かった。1997年8月中国側から撮影した咸鏡北道茂山(ムサン)郡付近の山肌。撮影石丸次郎

大事な話があります――。

2000年8月、中国での取材中のことだった。Kさんから連絡を受けて私は取材を早々と切り上げ、Kさんの住む北朝鮮国境近くの街・延吉市に向かった。

Kさんは中国籍朝鮮人=朝鮮族である。年齢はこのとき35歳。山菜の卸しなどのいを生業として質素に暮らしてきた。このKさんが、元在日帰国者難民・李昌成さん一家4人の中国での保護者である。

1998年2月に昌成さん一家は国境の川・豆満江を越え中国に逃れた。ずぶ濡れのまま飛び込んだ一軒の見知らぬ農家がKさんの知人の家だった。何とか助けてほしいと懇願する浅黒く痩せこけた一家を、この農家の主人はKさんに預けることにした。国境そばの村は警戒が厳しく、公安や国境警備兵が頻繁に家を訪ねてくるからだ。

「しばらくうちにいなさい」

連絡を受けた人のよいKさんは自宅の一部屋を提供した。「しばらく」は、その後2年近い月日となる。

縁もゆかりもない、見ず知らずの昌成さん一家を、Kさんが一時的に保護することにしたのは、

「日本の親戚と連絡が取れれば援助してくれるはずだから、それまで何とかってほしい」

と懇願されたからだ。
「北のサラムたち1」は電子書籍で全ページがお読みいただけます。詳細>>>

この記事は会員記事です。 すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。 以下の、新規会員登録リンクより、新規会員登録ができます。 会員の方は、ログインしてください。

既存ユーザのログイン
   
金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top