アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<北朝鮮内部>核開発の陰で困窮する農民と兵士(2)  今年も人民軍は痩せて小さかった

鴨緑江辺で沐浴、洗濯する若い兵士たち。2017年7月平安北道朔州郡を中国側から撮影

兵士の劣悪な栄養状態

7月下旬から二週間、朝中国境地帯を取材した。国境の川・鴨緑江下流で遊覧船に乗って北朝鮮側の岸辺に接近してみた。平安北道の朔州(サクジュ)郡付近だ。川辺のあちこちで、半裸で沐浴している兵士たちの姿があった。

「兵士たち、皆痩せてるなあ。小さいなあ」

同乗していた観光客から声が上がった。河原に座り込んで力なくうつむいたままの兵士もいる。胸板が薄くあばらが浮いている兵士が多い。
関連記事 :<写真と動画>栄養失調で衰弱する人民軍兵士「激やせ」で動けぬ者も

人民軍に栄養失調が蔓延している――、これは北朝鮮では誰もが知る常識である。100万超、人口の約5%に及ぶ過剰な兵員を、財政難の金正恩政権はまともに食べさせらずにいる。

「最近は軍隊に行っている息子・娘が栄養失調になって家に帰されるケースがとても多い。空腹に耐えられず脱走して家に逃げ帰る者も多い。周辺の民家から食糧を借りて食べている部隊もあり、その返済ができず騒動になったこともある」

こういうのは、咸鏡北道の会寧(フェリョン)市の党下級幹部の協力者だ。

両江道の女性も次のように言う。

「若い兵士たちは、皆『綿毛』のように痩せている。戦争なんてできるはずがない」
関連記事:<北朝鮮内部>軍の食料事情また悪化 女性兵士も栄養失調に 親は差し入れに奔走
次のページ:軍幹部が備品と食糧横流し…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top