アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<北朝鮮内部>40代女性に聞く核開発と金一族へのホンネ 「もう騙される人はいませんよ」

商行為の拡大によって人々は国家から経済的に自立し、大きく意識が覚醒した。2011年11月中部地域にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

 

「洗脳されたロボット?

私たちは北朝鮮の一般民衆のことを「洗脳されたロボットのような人々」と考えていないだろうか? 確かに、北朝鮮は世界最強といっていい情報鎖国である。外部情報は遮断され、国営メディアは為政者にとって都合のいい情報と宣伝だけを流す。個人や民間の情報発信は完全禁止だ。そんな情報統制下で、国民は為政者の言う通りに、右を向けと言われれば右を向くロボットのような存在に仕立て上げられた…こんなイメージが、まだ強いと思う。

実際には、この20年間に少しずつ外部の情報が入り、同じ社会主義を標榜する中国やベトナムが改革開放政策によって目覚ましく経済発展したこと、中国以上に韓国の人々が豊かなことなどは、誰でも知っている。

北朝鮮では1990年代に経済破綻で配給制が崩れて以降、大部分の国民は商行為や日雇い労働などをして自力で生活の糧を得て暮らしている。「食べさせてやるから言うことを聞け」というシステムは崩れ、人々の意識は大きく変わった。
関連特集:北朝鮮の大変化を追尾せよ!(全3回)

8月末に話を聞いた北部地域に住む40代の女性の声を紹介したい。彼女の意見は、もちろん北朝鮮の人々を代表するものではないが、平均的な庶民の傾向の一つだと考えていただいてよいと思う。

彼女は個人で小規模な事業を営み、夫は国営企業に籍を置いているが給料も食糧配給も出ていない。一家はこの女性の収入で暮らしている。10代の子供を育てている。

私たちアジアプレスの取材チームが彼女と知り合ったのは2年前、信頼してくれているためか、彼女は金正恩氏を呼び捨てにし、激しい言葉を使うことをためらわなかった。以下に彼女のインタビューをまとめた。
次のページ:宣伝には笑うしかないが…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top