アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

<北朝鮮内部>2月の対中輸出はたった10億円 制裁で前年比95%減の衝撃 「食えない」と職場離脱始まる

往来もなく閑散とした朝中国境の連絡橋。2017年10月撮影石丸次郎

3月23日に中国税関当局が発表した2月の対北朝鮮貿易統計には驚いた。北朝鮮から中国への輸出は942万6000ドル(約10億円)で、2017年同月比で、なんと94.6%も減ったのだ。

中国からの輸入は1億266万5000ドルで前年同月比32.4%減、貿易総額は1億1209万1000ドルで、同65.8%減だった。言うまでもなく、昨年7月以来上書きされて来た強力な経済制裁のためである。
中国の貿易統計2018年2月速報(中国語)

北朝鮮の主要輸出品は石炭、繊維製品などの加工貿易、海産物、鉄鉱石などの鉱物資源で、2016年にはざっと3000億円を稼いでいたが、これらが全て止められた状態だ。経済制裁の影響が北朝鮮国内にどう現れているのか。筆者の北朝鮮国内の取材パートナーたちの調査をいくつか紹介したい。

◆国営鉱山で職場離脱始まる

咸鏡北道の茂山(ムサン)郡。ここから中国に輸出される鉄鉱石は、かつて輸出額第二位の品目であり、2014年には2億2190万ドル、2016年には7441万ドルを中国に輸出した。(出所:Global Trade Atlas)。北朝鮮の外貨稼ぎの優等生である。だが、昨年夏以後の制裁で輸出が完全に止まったままだ。

茂山鉱山の労働者は1万人程度だと思われる。彼らの状況はどうなのか。茂山郡に住む取材協力者は3月中旬、次のように知らせてきた。

「3月に入ってやっと前月分の配給が出たが、それも一人トウモロコシ6キロ(職場によって若干差があるとのこと)。労働者は出勤しない者の方が多い」
次のページ:北朝鮮では成人は、原則的に国が配置した職場に…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top