アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

リムジンガン1号~7号

「日本は人権犯罪国」と罵倒し続ける金正恩政権 「東京に高齢者遊郭を運営」とまで言う理由は?

(参考写真)金正恩氏の絶対独裁は絶対的に人権侵害を生む。2015年6月の労働新聞より引用。

北朝鮮国営メディアの柄の悪さは今に始まったことではないが、3月に入ってからの日本批判は、罵詈雑言のオンパレードだ。

ジュネーブで開かれていた国連人権理事会。金正恩政権に人権侵害犯罪の中断と責任者の処罰を要求する決議案が3月23日に採択された。提案者は日本とEUだったが、反発した北朝鮮政権は日本を繰り返し激しく非難している。

3月26日付けの朝鮮中央通信の論評は、「日本は人権について論じる資格も名分もない特等人権犯罪国である」と断じ、戦前の日本のアジア侵略と朝鮮支配を批判。そして、「日本の現人権実状はもっと惨憺たるもの」だとして、次のような例を並べた。

◆東京の都心に高齢者遊郭?

「自分らの変態的な性的快楽を追求して東京の都心で世界にない高齢者遊郭まで運営」(「高齢者遊郭」は高齢者向け風俗産業のことか?)

「東京都内の70%に該当する42の市、区、町、村の保育院(園)では、子どもの声を騷音に見なしたあげく、それを法律的に正当化している」

「日本社会で父母が自分の子どもを殴り殺すことぐらいは極めてありふれたこと」

そして「社会全体が丸ごと反人権犯罪によって腐り切った戦犯国家の日本は、今も被告席にある…(中略)…日本が現実に顔を背けて誰それの『人権』についてせん越にうんぬんするのは天に唾する行為」だと罵倒した。日本には他国の人権を批判する権利などないというわけだ。

日本が戦前にアジア諸国を侵略して甚大な被害を与えたことは世界が知っている。また日本は北朝鮮に対していまだ植民地支配を清算できてないのも事実だ。大なり小なり、どの国にも人権問題は存在する。金正恩政権は、日本をあげつらうことで、自身の弱点である人権批判をかわしたいのである。
次のページ:北朝鮮は「真の自由と権利を享受している」と主張…

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top