アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

『金正恩時代の中学校教科書資料集』 DVD

【連載】イランを好きですか?[大村一朗]~テヘラン、8年の家族滞在記~57 騒乱の中で(11)

イランの首都テヘランの西の玄関口アーザーディー(自由)広場。イラン現代史の様々な場面で重要な役割を果たしてきた。広場中央に立つアーザーディータワーは夜間、美しくライトアップされる(撮影・筆者/2011)


◆「アラブの春」とイランの抗議運動(上)

2009年6月の大統領選挙での不正疑惑に端を発したイランの抗議運動は、2010年2月11日のイスラム革命勝利31周年記念日以降、一旦は収束に向かった。大統領選挙一周年の日も平穏のうちに過ぎ、その後の一連の抗議デモの序章となった9月の世界ゴッツの日が巡ってきても、前年のような騒ぎは起きなかった。

ところが、2010年暮れから2011年1月にかけての1ヵ月間でチュニジアのベンアリ政権が倒れた「ジャスミン革命」がアラブ諸国に飛び火し、中東各地で民主化を求めるうねりが広がった。いわゆる「アラブの春」だ。翌月2月11日にはわずか3週間の抗議運動でエジプトのムバラク政権が崩壊する。これに触発され、にわかにイランの情勢も動き出した。

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
以下の、新規会員登録リンクより、新規会員登録ができます。
会員の方は、ログインしてください。

既存ユーザのログイン
   
『金正恩時代の中学校教科書資料集』 DVD
Return Top