アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

アジアプレス設立30年記念イベント

【書籍案内】 沖縄-日本で最も戦場に近い場所 (吉田敏浩)

【沖縄-日本で最も戦場に近い場所(吉田敏浩)毎日新聞社】

◆オスプレイ配備、普天間基地建設・・・アメリカの戦略により軍事化を強いられ続ける沖縄。市民の苦しみと怒りとの只中から、沖縄の歴史と今をレポートする。
—————————-
沖縄 -
日本で最も戦場に近い場所

著者:吉田敏浩
単行本: 224ページ
出版社: 毎日新聞社 (2012/10/31)
ISBN-10: 4620321516
ISBN-13: 978-4620321516
発売日: 2012/10/31
商品の寸法: 19.2 x 13 x 2.6 cm
1,785円
全国の書店、またはAmazonなどのネット販売で購入いただけます。
—————————-

【目次】
第1章 米軍機墜落事故
第2章 オスプレイ強行配備と日米安保の密約
第3章 危険な普天間基地とオスプレイ情報隠蔽をあばく
第4章 やんばるの森に米軍ヘリパッドはいらない
第5章 基地周辺住民の終わりなき痛み
第6章 果てしない爆音と日米地位協定の壁に抗して
第7章 米軍優位を絶対化する基地権の密約
第8章 米軍人・軍属犯罪の裁判権と地位協定の密約
第9章 新基地建設の真の狙いと日米軍事一体化
第10章 沖縄戦の記憶に根ざした問いかけ

◆著者からのメッセージ
「危険なオスプレイ強行配備、繰り返される米兵犯罪、深刻な米軍機騒音問題、貴重な森や海を破壊するヘリパッド建設工事の強行や新基地建設計画、米軍の実弾射撃訓練場からの流れ弾の恐怖など、日米安保・同盟体制と米軍優位の不平等な地位協定・密約の軍事優先の構造による負担、被害、犠牲を強いられる沖縄の現実を、住民の声に耳を傾けながら描きました。」

◆吉田 敏浩(よしだ・としひろ)
1957年生まれ、大分県出身。アジアプレス所属。
『森の回廊』(NHK出版)で、96年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。近著に『密約 日米地位協定と米兵犯罪』『沖縄 日本で最も戦場に近い場所』(ともに毎日新聞社)などがある。

アジアプレス・プロフィール(吉田 敏浩)>>>
http://asiapress.org/archives/2008/09/11112137.html

金正恩時代の中学校教科書資料集 DVD
Return Top