アジアプレス・ネットワーク

核心の現場から伝える 報道ウェブジャーナル

『金正恩時代の中学校教科書資料集』 DVD

<イラク最新報告>戦闘の狭間で苦しむモスル市民~兄はISに殺害、父は空爆で死亡(写真2枚)

IS掃討戦 住民にも被害
チグリス川の恵みをたたえるイラク第2の都市モスル。私は2003年以来、この町を訪れてきた。ここではいま、過激派組織「イスラム国」(IS)とイラク軍との攻防戦が続く。今回、ISが撤退した地区に入って取材することができた。(玉本英子)

【関連写真を見る】空爆で破壊されたモスル市内の民家

ISを狙った空爆が民家に着弾して、バシャールさんは家族を失った(モスル市内で2月下旬・玉本英子撮影)

かつてレストランが立ち並び、家族連れでにぎわっていた大通りに人の姿はなかった。建物の壁には無数の銃弾の痕が残り、戦闘の激しさを物語る。少し先では黒い煙があがり、ドーンという砲弾の炸裂(さくれつ)音や銃声が鳴り響いていた。

モスルがISに制圧されたのは2014年6月のことだった。町を防衛していたイラク軍や警察は、自爆攻撃やゲリラ戦術の前に敗退。以降、ISは独自解釈したイスラム法のもと、公開処刑やキリスト教徒追放など力による恐怖支配を進めてきた。

昨年10月、イラク軍は大部隊を投入してモスル奪還作戦を開始。米軍主導の有志連合の空爆支援も受けながら、これまでに町の一部を解放した。「まだスナイパーがたくさん潜み、狙撃してくる。油断はできない」。イラク兵は緊張した面持ちで言った。

市南部ソメル地区は今年1月、イラク軍によって奪還された。住民のバシャール・ファティさん(30)が自分の家に案内してくれた。昨年12月末に空爆で破壊されたという。2階建ての家は崩れ落ち、コンクリートの瓦礫(がれき)だけが残っていた。「なぜ空爆されたのか分からない。この家にも、近くにもISはいなかったのに」

 彼は近くの親族のもとにいて無事だったが、家にいた父親、近所の女性と20代の息子、9歳の少女と生まれて間もない幼児の5人が亡くなった。バシャールさんと残された家族は破壊を免れた隣の民家に身を寄せている。母親は足に重傷を負い、ベッドに横たわったままだった。

「お祈りの時間でした。爆音とともに家が崩れ、気がついたら夫が死んだと聞かされた」と、彼女は顔をゆがめた。近所では他に4人が空爆で亡くなった。

「ISの支配がはじまると、イラク軍兵士だった兄は捕まり殺された。そして今度は空爆で父が殺された。なぜこんな目に遭わなければならないのか」。バシャールさんは言う。

バシャールさんの母親は空爆で足を負傷した。「爆音とともに家が崩れ、気がついたら夫が死んだと聞かされた」。(モスル市内で2月下旬・玉本英子撮影)

2003年のイラク戦争以後、モスルはずっと戦火にさらされてきた。駐留米軍に対するイスラム武装勢力の攻撃は、のちにイラク治安部隊や行政職員へも向けられた。その後、宗派抗争で激化、シーア派主導のマリキ政権が、スンニ派武装組織の活動拠点だったモスルで強力な治安対策を進め、警察や軍による不当逮捕や拷問は一般住民にも及んだ。ISが台頭し、支配は2年半となった。

ISが敗退した地区では、いまも混乱が続く。元IS協力者への復讐や襲撃があいついでいるのだ。ソメル地区でもIS関係者として知られた青年と、その家族がナイフで刺される事件が起きた。どの家がIS支持者だった、と隣人のあいだに不信が生まれている。

西部地域ではISが最後の抵抗を続けている。空爆では200人以上の市民が巻き添えとなって命を落としたという。モスルのIS壊滅は間近いといわれる。だが、住民の心に残した傷は深く、悲しみが続いている。【玉本英子】
(※本稿は毎日新聞大阪版の連載「漆黒を照らす」4月11日付記事を加筆修正したものです)
 
【関連記事】
<イラク>IS掃討戦続くモスル 空爆と報復におびえる市民
<イラク>IS支配下の2年半とは モスル大学教員に聞く(1)たった数日間の戦闘で町のすべてを支配(写真7枚)

〔イラク現地報告〕イスラム国(IS)支配下のモスル住民に聞く(1)「戦闘員は宗教とはかけ離れた人たち」

『金正恩時代の中学校教科書資料集』 DVD
Return Top